/*横スクロール*/ div.yoko-scroll{ overflow-x:auto; }

第50回日本神経放射線学会の現地開催とLive配信を無事終了しました

第50回日本神経放射線学会を無事終了いたしました。

今回はコロナ禍のため、現地と特設ウェブ会場のハイブリッド開催といたしましたが、現地とウェブ参加をあわせ、過去最多の550名の先生方(うち現地参加99名)がご参加くださいました。

ご講演いただいた先生方、ご発表くださった先生方、座長の労をとってくださった先生方、ディスカッションにご参加くださった先生方、現地でセッションをお聞きくださった先生方、ウェブでご視聴くださった先生方、素晴らしい歴史的建造物を使わせてくださいました大阪市中央公会堂の皆様、スムーズなハイブリッド開催を進行くださいました日本コンベンションサービスの皆様、各種会議をサポートくださいました日本神経放射線学会事務局の方々、財政的にサポートしてくださいました協賛企業・大阪市大関連病院の皆様、大阪市大放射線科医局秘書・医局員の皆さん、ありがとうございました。

今回は節目の第50回ということで、50周年記念企画事業委員長の安藤久美子先生、田岡俊昭先生とともに、50周年記念企画をいたしました。一つは50周年記念講演セッション「半世紀の歩み。そして明日へ。」でありまして、学会の過去や未来について重鎮の先生方から貴重なお話をいただき、将来の方向性についてのご教示もいただきました。また、過去大会の写真や年表などの記念展示をいたしました。沢山の先生方がご覧くださりありがとうございました。もうひとつの50周年記念事業として、ただいま、50周年記念誌を作成中です。今年中に会員に先生方にお配りできると思いますので、楽しみにお待ちください。

3月10日から24日まで、50周年記念講演や特別講演「Leaders and Leadership」を含め、一部のコンテンツのオンデマンド配信を予定しておりますので、是非ご視聴ください。

来年はコロナが収束し、また皆様と普通にお会いできることを祈念しております。

第50回日本神経放射線学会 会長
三木幸雄

写真: 三好紗季 (RISE Photo Office)、田岡俊昭、三木幸雄