大阪市大放射線科のホームページ

<論文紹介:RadioGraphics 2020;40(1):72–94.他>

RadioGraphicsが総説雑誌としてとても役立ちますよ、ということを以前お話ししましたが、最新号の「VOLUME 40, ISSUE 1 / JANUARY-FEBRUARY 2020」から、下記3論文を紹介します。

Hyperintense Liver Masses at Hepatobiliary Phase Gadoxetic Acid–enhanced MRI: Imaging Appearances and Clinical Importance. (RadioGraphics 2020;40(1):72–94.)

EOB-MRIにおいて、肝細胞相で高信号を呈する肝腫瘤性病変の総説です。

Fluorodeoxyglucose PET/CT of Arthritis in Rheumatic Diseases: A Pictorial Review. (RadioGraphics 2020;40(1):223–240.)

RAとRA類似疾患の病変分布が学べます。

Posttransplant Lymphoproliferative Disorder in Children: A 360-degree Perspective.(RadioGraphics 2020;40(1):241–265.)

小児期における移植後リンパ増殖性疾患の詳細な総説です。

他のRadioGraphics関連は、こちら。

https://ocu-radiology.jp/news/news-2015/)
https://ocu-radiology.jp/news/news-990/)
https://ocu-radiology.jp/news/news-850/)