大阪市大放射線科のホームページ

<論文紹介:AJR 2019;213:1179-1186. 他>

放射線診断学において、American Journal of Roentgenology (AJR) がとても役立ちますよ、
ということを以前お話ししましたが、 最新号(December 2019, VOLUME 213 NUMBER 6)から、下記3論文を紹介します。

Original Research. Multisystemic Imaging Findings in Chinese Patients With Erdheim-Chester Disease.(AJR 2019;213:1179-1186.)」

Erdheim-Chester病に関する総説に近い原著論文です。
本症は多彩な所見を呈しますが、脳梗塞も生じるんですね。

Review. Imaging of Waldenström Macroglobulinemia: A Comprehensive Review for the Radiologist in the Era of Personalized Medicine.(AJR 2019;213:W248-W256.)」

Waldenström macroglobulinemia (WM)の総説です。
本症は多彩な所見を呈し、近年報告が増えています。
Bing-Neel syndrome (BNS) refers to a rare involvement of the CNS by neoplastic cells of WM.

Review. A Comprehensive Review of Cross-Sectional Imaging of the Nasolacrimal Drainage Apparatus: What Radiologists Need to Know.(AJR 2019;213:1331-1340.)」

ちょっと珍しい鼻涙管に関する総説です。

他のAJR関連は、こちら。
https://ocu-radiology.jp/news/news-1478/
https://ocu-radiology.jp/news/news-1150/