<論文紹介:NEJM 2017;377:1379-1385.>

NEJMの“Clinical Problem-Solving”がとても役立ちますよ、ということを以前お話ししましたが、最新号の“Clinical Problem-Solving”も教育的で入門編として適しているので紹介します。

An Element of Unsteadiness (NEJM 2017;377:1379-1385.)
本病態における放射線(画像)診断とその鑑別に関して、とても丁寧に初心者からできるように解説しています。
ある程度の経験者であれば、本例の診断は、それほど難しくないのではと思います。

しかし、今回のキモは、なぜ本病態が生じたか、という解説です。
こんなことで増えたり減ったり、、、。
ヒトの体って、つくづく微妙なバランスの上で成り立っているんですね。

他のNEJM論文紹介は、こちらです。