<論文紹介:NEJM 2018;378:941-948.他>

NEJMがとても役立ちますよ、ということを以前お話ししましたが、
先週号の“Case Records of the MGH”を紹介します。

Case 7-2018: A 25-Year-Old Man with New-Onset Seizures.(NEJM 2018;378:941-948.)

それにしても、欧米人は鼻が高いですね。
本病態の原因疾患は、ときどき出くわします。
NEJMでもよく取りあげられています。
過去の関連“Case Records of the MGH”も紹介します。

Case 34-2016 — A 17-Year-Old Boy with Myopia and Craniofacial and Skeletal Abnormalities.(NEJM 2016; 375:1879-1890.)

Case 27-2014 — A 10-Month-Old Boy with Microcephaly and Episodic Cyanosis.(NEJM 2014; 371:847-858.)

いろいろな表現型があるものですね。

ついでに、同じ号と先々週号の総説も紹介します。

CLINICAL PRACTICE Primary Sjögren’s Syndrome.(NEJM 2018;378:931-939.)

いい復習になりますね。

REVIEW ARTICLE Antibody-Mediated Encephalitis.(NEJM 2018;378:840-851.)

あのDalmauの書かれた総説ですから、必読でしょう。

他のNEJM関連は、こちら。
http://ocu-radiology.jp/news/news-1374/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1253/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1109/
http://ocu-radiology.jp/news/news-897/
http://ocu-radiology.jp/news/news-891/
http://ocu-radiology.jp/news/news-783/