header image

放射線診断学・IVR学
放射線腫瘍学

大阪市立大学大学院 医学研究科

画像診断学

大阪市大放射線科の画像診断部門には経験を有する各領域の専門家が揃っており、他の大学病院に誇れる質の高い診断を行っています。医学部学生および若手医師(卒後臨床研修医を含め)への教育に関しても、多くのスタッフが研修カリキュラムに沿って熱心な指導・レクチャーを行ない、幅広い領域の診断が出来るgeneral radiologistの育成に力を注いでいます。

IVR(画像下治療)学

IVRはCTやX線装置を始めとした機械補助下にカテーテルや穿刺針を使って低侵襲に行う治療を総称しています。知名度の高いものでは肝腫瘍に対する治療である経カテーテル的肝動脈塞栓術(TACE)や経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)があります。IVR装置付きCone beam CTとIVR-CTの2台を使用し、年間約900件と全国ハイレベルのIVRを施行しております。

放射線腫瘍学

各種悪性疾患の進行度に応じて治癒を目的とする根治的照射から短期間の治療で症状緩和を目指す姑息的照射まで幅広く対応しています。また血液疾患に対する全身照射、脳腫瘍に対する定位放射線照射、肺癌に対する体幹部定位放射線治療、前立腺癌に対するVMAT・IMRT・密封小線源療法、子宮癌に対する腔内照射等の特殊治療も行っています。

RECENT ARTICLES

2018年度 医局集合写真

2018年度 医局集合写真

2018年4月5日撮影   放射線診断学・IVR学教室と放射線腫瘍学教室の集合写真です 放射線診断学・IVR学教室と放射線腫瘍学教室の...