大阪市大放射線科のホームページ

IVR(画像下治療)学

IVRとはInterventional Radiologyの略で、海外ではIRと略されます。CTやX線装置を始めとした機械の補助下にカテーテルや穿刺針を使って、外科的手術よりも低侵襲に行う治療を総称しています。知名度の高いものでは肝腫瘍に対する治療である経カテーテル的肝動脈塞栓術(TAE)や経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)などがあります。