大阪市大放射線科のホームページ

<おすすめ雑誌:Abdominal Radiology(と論文紹介:2017, 42(10):2447-2453.)>

腹部放射線(画像)診断学において役立つ雑誌を紹介します。

それは、Abdominal Radiology です。

Springer発行の領域別画像診断雑誌の一つで、消化管腹部骨盤領域を扱っています。
Society of Abdominal Radiology(SAR)の学会雑誌ですが、日本腹部放射線学会で発表された症例なども掲載されています。

放射線医学関連英語雑誌の多くが、アカデミック色に移行しつつある中で、本誌は臨床色が強いです。
掲載論文数はかなり多く玉石混交ですが、原著論文以外に総説や症例報告が結構あり、Updateな情報を追えるだけでなく実臨床にも役立ちます。

最新号(October 2017, Volume 42, Issue 10.)から、下記論文を紹介します。

Hepatic segmental atrophy and nodular elastosis: imaging features. (Abdominal Radiology, 2017, 42(10):2447-2453.)

病態概念は、下記のごとくです。

Hepatic segmental atrophy (HSA) and nodular elastosis (NE) of the liver is an uncommon and focal liver lesion characterized by loss of hepatic parenchyma with associated vascular changes, inflammation, bile duct proliferation, elastotic changes, and when end-stage, fibrotic changes. These lesions are thought to be secondary to vascular injury resulting in hepatocyte dropout, inflammation, and atrophy of the affected focal parenchyma.

結論は、下記のとおりです。

Hepatic segmental atrophy and nodular elastosis is an uncommon benign lesion and can simulate metastases due to variable imaging features. Lack of FDG uptake on PET/CT may be a clue to the benign nature of the lesion and may suggest the possibility of HSA and NE.

EOB-MRI検査時などで、肝転移と間違えそうですね。