/*横スクロール*/ div.yoko-scroll{ overflow-x:auto; }

<論文紹介:Emergency Radiology 2021;28(4):809–814.他>

救急放射線(画像)診断学において、「Emergency Radiology」が役立ちます よ、ということを以前お話ししましたが、
最新号の「Volume 28, issue 4, August 2021」から、下記3論文を紹介します。

Imaging of drug mules. (Emergency Radiology 2021;28(4):809–814.)
麻薬などを密輸するために 外国からの運び屋として雇われる旅行者の画像診断 総説です。

Imaging of ureter: a primer for the emergency radiologist. (Emergency Radiology 2021;28(4):815–837.)
救急疾患だけでなく尿管疾患の全てを網羅している力作総説です。

Caustic ingestion: CT findings of esophageal injuries and thoracic complications. (Emergency Radiology 2021;28(4):845–856.)
腐蝕物嚥下に関する胸部障害の総説です。

 

そのほかの「Emergency Radiology」誌関連は、こちら。
(かなり数がたまったので今後はリンクははりません。ご了承ください。
内容を記載しますので、ご関心があればリンク先アドレスをコピペしてご参照く ださい。)

(https://ocu-radiology.jp/news/news-3227/)
Traumatic abdominal wall injuries—a primer for radiologists.
MRI of myositis and other urgent muscle-related disorders.

(https://ocu-radiology.jp/news/news-2915/)
「Emergency Radiology」誌の紹介.
Beyond pyogenic liver abscess: a comprehensive review of liver infections in emergency settings.
Radiographic review of anatomy and pathology of the masticator space: what the emergency radiologist needs to know.