大阪市大放射線科のホームページ

<論文紹介:Pediatric Radiology 2020;50(12):1658–1668.他>

小児放射線診断学において、Pediatric Radiologyが役立ちますよ、ということ を以前お話ししましたが、最新号(Volume 50, issue 12, November 2020)から、 下記4論文を紹介します。

Major skull manifestations of skeletal dysplasias — pictorial essay. (Pediatric Radiology 2020;50(12):1658–1668.)
骨系統疾患における頭蓋骨画像所見の総説です。

Neuroimaging and calvarial findings in achondroplasia. (Pediatric Radiology 2020;50(12):1669–1679.)
最近、けっこう報告されている軟骨無形成症の神経放射線学的所見のまとめです。

Solitary long-bone epiphyseal lesions in children: radiologic–pathological correlation and epidemiology. (Pediatric Radiology 2020;50(12):1724–1734.)
小児骨端病変の復習が出来ます。

Non-congenital viral infections of the central nervous system: from the immunocompetent to the immunocompromised child. (Pediatric Radiology 2020;50(12):1757–1767.)
小児の非先天性中枢神経領域ウイルス感染を学べます。

 

他のPediatric Radiology関連は、こちら