大阪市大放射線科のホームページ

<おすすめ雑誌:Neuroradiology(と論文紹介:Neuroradiology 2019;61(8):853–860.他)>

神経放射線(画像)診断学において役立つ雑誌を紹介します。
それは、Neuroradiology です。

Springer発行の領域別画像診断雑誌の一つで、神経放射線学領域を扱っています。
European Society of Neuroradiology(ESNR)の学会雑誌です。
関連学会抄録号以外に、年12回(毎月)発刊されています。

非常に伝統ある神経放射線診断学雑誌ですが、近年は研究色が非常に強くなってしまい、臨床的にはあまり面白く無く役立ないなぁと思っていました。

ところが、2017年1月に、Editor-in-ChiefがRüdiger von Kummerに変わってから、
2017年2月号で、読者からのレターで下記のやりとりがありました。

Thoughts on “Is advanced neuroimaging for neuroradiologists?” by S. Cocozza and the content of “Neuroradiolgy.(Neuroradiology 2017;59(2):101-102.)

Response: Letter to the Editor: Thoughts on “Is advanced neuroimaging for neuroradiologists?” by S. Cocozza and the content of “Neuroradiology” by Lars Arnim Rödiger.(Neuroradiology 2017;59(2):103.)

こんな事をはっきり言う読者がいて、それをきちんとレターのやりとりとして雑誌に掲載するんだ、と大変興味深く思いました。

たぶん、これをきっかけに、明らかに内容が変わり、再び症例報告やCase seriesも掲載されるようになり、臨床的に面白く役立つようになりました。

最新号(August 2019, Issue 8)から、下記の論文を紹介します。

Conventional brain MRI features distinguishing limbic encephalitis from mesial temporal glioma.(Neuroradiology 2019;61(8):853–860.)
辺縁系脳炎と側頭葉内側gliomaとの鑑別ポイントの検討です。

Bilateral involvement and maintenance of gray/white matter distinction at the cortical/subcortical interface are consistently associated with limbic encephalitis .

Evaluation of multiparametric MRI differentiating sinonasal angiomatous polyp from malignant tumors.(Neuroradiology 2019;61(8):891–896.)」
ほとんどsinonasal angiomatous polypという病態を見たことはないのですが、、。

Sinonasal angiomatous polyps (SAPs) are rare and account for only 4–5% of all inflammatory sinonasal polyps.
SAPs are most commonly seen in the maxillary sinuses with frequent extension into nasal cavity.
Progressive enhancement on DCE-MRI is the most reliable finding distinguishing SAPs from malignant tumors.

Haemosiderin cap sign in cervical intramedullary schwannoma mimicking ependymoma: how to differentiate?(Neuroradiology 2019;61(8):945–948.)
Short Reportという症例報告です。
確かに似てますね。

Intramedullary schwannomas are extremely rare tumours that may mimic ependymoma owing to similar neuroimaging findings.
The presence of a haemosiderin cap along with thickening and enhancement of the posterior nerve root should alert the radiologist to consider the possibility of intramedullary schwannoma rather than ependymoma.

他の神経放射線(画像)診断学において役立つ雑誌の紹介は、こちら。
https://ocu-radiology.jp/news/news-1667/
https://ocu-radiology.jp/news/news-1209/
https://ocu-radiology.jp/news/news-942/

(文責:下野 太郎)