大阪市大放射線科のホームページ

2018年

学会発表 講演等
1. Shindo D, Yamamoto A, Shimono T, Amano R, Kimura K, Miki Y. Radiological Findings and Risk Factors of the Hepatic Infarctions after Pancreatoduodenectomy. (膵頭十二指腸切除術後肝梗塞の画像所見と危険因子に関する検討.) 第77回日本医学放射線学会総会, 横浜, 2018/04/12-2018/04/15. (日本医学放射線学会学術集会抄録集 2018/02;77回: S227-S228.)
2. Ueda D, Yamamoto A, Shimono T, Tsutsumi S, Shimazaki A, Fukumoto S, Osaki H, Antoine C, Shimahara Y, Miki Y. Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Detecting Cerebral Aneurysms in MRA. (ディープラーニングによるMRAでの脳動脈瘤自動検出アルゴリズムの開発と検証.) 第77回日本医学放射線学会総会, 横浜, 2018/04/12-2018/04/15. (日本医学放射線学会学術集会抄録集 2018/02;77回:S203.)
3. Ueda D, Yamamoto A, Shiba M, Fukumoto S, Noda S, Onoda N, Hashimoto Y, Inomata M, Tsutsumi S, Miki Y. Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Diagnosing Breast Cancers in Mammograms. (ディープラーニングによるマンモグラフィでの乳癌検出アルゴリズムの開発と検証.) 第77回日本医学放射線学会総会, 横浜, 2018/04/12-2018/04/15. (日本医学放射線学会学術集会抄録集 2018.02;77回:S203.)
4. 片山 豊, 上田健太郎, 日浦慎作, 山永隆史, 岸本健治, 市田隆雄, 河邉讓治. PET画像に教師あり学習と教師なし学習を用いた超解像を適用して再構成した高解像度画像の比較. 第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 横浜, 2018/04/12-2018/04/15. (日本放射線技術学会総会学術大会予稿集 2018/03;74回:210.)
5. 植田大樹. 医師兼エンジニアによるAIを活用した画像診断システム開発の実際. 兵庫県立大学先端医工学研究センター 第10回医工連携セミナー, 兵庫, 2018/5/15. 講演.
6. 野田 健仁, 神道太輔, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 桑江優子, 三木幸雄. 外陰部に発生したperivascular epithelioid cell tumor (PEComa)の1例. 第32回日本腹部放射線学会, 鎌倉, 2018/05/25-2018/05/26.
7. 杉本倫子, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 市村友季, 桑江優子, 三木幸雄. 子宮頸部神経内分泌癌の3例. 第32回日本腹部放射線学会, 鎌倉, 2018/05/25-2018/05/26.
8. 三木幸雄. 下垂体の画像診断:最新情報を含めて. 第1回Cutting Edge Radiology, 山口, 2018/05/29. 講演.
9. Murai K, Nakamura K, Matsui H, Yamamoto A, Hamuro M, Miki Y. Endovenous Laser ablation for lower extremity varices. -Evaluation of treatment by MRV-. (下肢静脈瘤に対する血管内レーザアブレーション MRVによる治療の評価.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:188.)
10. Hamuro M, Yamamoto A, Jogo A, Kaminou T, Sohgawa E, Hamamoto S, Kageyam K, Nakano M, Ogawa S, Zako R, Murai K, Manaka T, Hirakawa Y, Ito Y, Miki Y. Initial experience of transcatheter arterial embolization using Imipenem for adhesive capsulitis. (癒着性関節包炎に対するimipenemを用いた経カテーテル動脈塞栓術の初期経験.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:192.)
11. Sohgawa E, Hamuro M, Sakai Y, Nakano M, Murai K, Ogawa S, Kageyama K, Jogo A, Hamamoto S, Yamamoto A, Morisaki A, Murakami Y, Miki Y, Shibata T. Preliminary experiences of segmental artery coil embolization to prevent spinal cord injury. (脊髄損傷を予防するための区域動脈コイル塞栓術の予備的経験.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:204.)
12. Yamamoto A. Usefulness of Transjugular liver access biopsy (TJLB). 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. 講演.
13. Jogo A, Hamuro M, Yamamoto A, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Nishida N, Kaminou T, Miki Y. B-RTO using 5% EOI mixing gelatin sponge particles for gastric varices. (胃静脈瘤に対する5%EOI混合ゼラチンスポンジ粒子を用いたB-RTO.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:185.)
14. Yamamoto A, et all. Phase I study of immunoRFA, RFA in combination with local injection of OK-432, for lung tumor. (肺腫瘍に対する、OK-432局所注入を併用したRFA、免疫RFAに関する第I相研究.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:215.)
15. Zako R, Yamada K, Tomita Y, Sugimoto S, Nakanishi N, Yada N, Nango M, Yoshimura H, Tashiro T. Short-and mid-term outcome of bronchial artery embolization in patients with aspergillus infection. (Aspergillus感染患者における気管支動脈塞栓術の短期および中期転帰.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:267.)
16. Hamamoto S, Hamuro M, Yamamoto A, Kageyama K, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Sohgawa E, Jogo A, Okuma T, Matsuoka T, Miki Y. Radiofrequency ablation to the pericardial lung tumor. (心臓周囲肺腫瘍への高周波アブレーション.)第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:270.)
17. Ogawa S, Yamamoto A, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Jogo A, Hamuro M, Miki Y. Feasibility of nodal lymphangiography to chylothorax, chylous ascites and lymphorrhea. (乳糜胸、乳糜腹水、リンパ漏に対するnodal lymphangiographyの実行可能性.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:326.)
18. Nakano M, Sohgawa E, Hamuro M, Kosaka H, Yamamoto A, Hamamoto S, Jogo A, Kageyama K, Ogawa S, Murai K, Murakami T, Morisaki A, Miki Y. Internal iliac artery embolization via the femoro-iliac collateral pathway for iliac artery aneurysm. (腸骨動脈瘤に対する大腿腸骨側枝経路を介した内腸骨動脈塞栓術.)第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:338.)
19. Kageyama K, Hamuro M, Hamamoto S, Yamamoto A, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Sohgawa E, Jogo A, Kaminou T, Miki Y. Usefulness of CT-guided drainage for abdominal, retroperitoneal and perineal abscesses. (腹部、後腹膜、会陰部膿瘍に対するCTガイド下ドレナージの有用性.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:356.)
20. 河邉讓治. I-132不応性甲状腺癌患者のレンバチニブ使用による手足症候群に紫雲膏を用い改善をみた1例. 第69回日本東洋医学会学術総会, 大阪, 2018/06/08-2018/06/10. (日本東洋医学雑誌 2018/05;69別冊:263.)
21. 田北大昂, 甲田洋一, 小川博之, 阪中英里加, 井上奈穂子, 崔 朝理, 大隈志保, 市來 真, 村田佳津子, 真鍋隆夫. Dual energy CTにより頭蓋内出血とヨード造影剤漏出の鑑別を試みた3例. 第319回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/06/09.
22. 城後恵里, 近藤聖子, 津村 昌, 宗瀧行秀, 中山圭子, 萩原 章, 木村勇人. 子宮頸癌放射線治療30年後に発生した骨盤部肉腫の一例. 第319回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/06/09.
23. 宗瀧行秀, 城後恵里, 中山圭子, 萩原 章, 近藤聖子, 津村 昌, 佐竹 真, 富永恒平, 平木将之, 木村勇人. H.pylori除菌後に発症した劇症型偽膜性腸炎の1例. 第319回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/06/09.
24. 木村裕子, 武田景敏, 竹内 潤, 齋藤明奈, 河邉讓治, 和田康弘, 馬渡 彩, 土居久志, 渡辺恭良, 伊藤義彰. 非AD認知症患者におけるアミロイドイメージングの検討. 第60回日本老年医学会学術集会, 京都, 2018/06/14-2018/06/16. (日本老年医学会雑誌 2018/05;55 Suppl:167-168.)
25. 長谷川喜一, 佃 博, 岩谷理佳子, 大田隆代, 中野雄介, 寺嶋応顕, 宮武 望, 田中登美, 川口いずみ, 多田卓仁, 福岡正博. 治療と緩和ケアを一体化した包括的がん医療における緩和的放射線治療. 第23回日本緩和医療学会学術大会, 神戸, 2018/06/15-2018/06/17. (Palliative Care Research 2018/06;13 Suppl:S382.)
26. 内田健太郎, 松田泰範, 大友 理, 丸田純平, 武田景敏, 吉田敦史, 東山滋明, 河邉讓治, 井上幸紀. 失書を初発症状とし、logopenic型進行性失語の前駆状態と診断した1例. 第114回日本精神神経学会学術総会, 神戸, 2018/06/21-2018/06/23. (精神神経学雑誌 2018/06;2018特別号:S392.)
27. 米澤宏記, 寒川悦次, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 城後篤志, 山本 晃, 三木幸雄. 膵癌術後出血に対して肝動脈ステントグラフト留置と、門脈ステント留置を施工した一例. 第65回関西IVR研究会, 大阪, 2018/06/30. (IVR: Interventional Radiology 2018/11;33(3):316)
28. 岡崎真大, 佐藤公彦, 神納敏夫, 堺 幸正, 南郷峰善, 坂下眞理子, 荻野 亮, 阪上雅子. 分岐変異を伴った心膜横隔静脈経由のB-RTOの1例. 第65回関西IVR研究会, 大阪, 2018/06/30. (IVR: Interventional Radiology 2018/11;33(3):318)
29. 南郷峰善, 堺 幸正, 神納敏夫, 佐藤公彦, 坂下眞理子, 荻野 亮, 岡崎真大, 米澤宏記, 岩倉伸次. 内腸骨動脈瘤に対して側副路経由で瘤末梢コイル塞栓および経皮的ステントグラフト留置にて治療した1例. 第65回関西IVR研究会, 大阪, 2018/06/30. (IVR: Interventional Radiology 2018/11;33(3):320)
30. 城後篤志. 門脈圧亢進症関連疾患に対するIVRの経験. 第24回米子IVR研究会, 鳥取, 2018/8/10. 講演.
31. 安田春樹, 角井弘嗣, 小原直城, 中川 孝, 福永 慎, 森本 章, 辻本吉広. 腹水濾過濃縮再静注法(CART)の体温上昇に対するPMMA膜の効果. 第91回大阪透析研究会, 大阪, 2018/09/02. (大阪透析研究会会誌 2019/03;37(1):88.)
32. 鈴木結太, 田中伸一, 栄谷 勝, 森本 章, 辻本吉広. 中心静脈から鎖骨下静脈にかけての非造影MRA DSAとの比較. 第91回大阪透析研究会, 大阪, 2018/09/02. (大阪透析研究会会誌 2019/03;37(1):100.)
33. 櫻井滉貴, 角井弘嗣, 小原直城, 中川 孝, 森本 章, 辻本吉広. 過剰炎症患者における回路内凝固に対してAN69膜が奏功した1例. 第91回大阪透析研究会, 大阪, 2018/09/02. (大阪透析研究会会誌 2019/03;37(1):102.)
34. Tanaka S, Yamaguchi T, Kinoshita N, Sugimori Y, Nishio H, Doishita S. Follow up observation of herpes simplex encephalitis with multiphase ASL (multiphase ASL,FLAIR,DWI,T1WI,T2*の比較検討による経過観察をしたヘルペス脳炎の一例). 第46回日本磁気共鳴医学会大会, 石川, 2018/09/07-2018/09/09.
35. 前田裕之, 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 松下和樹, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄. 結腸静脈瘤にB-RTOを施行した2例. 第25回日本門脈圧亢進症学会総会, 大阪, 2018/09/20-2018/09/21. (日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/08;24(3):126.)
36. 佐藤公彦, 神納敏夫, 堺 幸正, 南郷峰善, 坂下眞理子, 荻野 亮, 岡崎真大, 坂上雅子. 分岐変異を有した心膜横隔静脈経由B-RTOの1例. 第25回日本門脈圧亢進症学会総会, 大阪, 2018/09/20-2018/09/21. (日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/08;24(3):139.)
37. 城後篤志, 山本 晃, 尾﨑正典, 野田健仁, 座古竜世, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄. ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた3例. 第21回B-RTO研究会, 大阪, 2018/09/21. (日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/08;24(3):190.)
38. 城後篤志, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄. 胃静脈瘤に対するB-RTO-保険収載まで、そしてこれから- 胃静脈瘤に対してゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討. 第21回B-RTO研究会, 大阪, 2018/09/21. (日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/08;24(3):186.)
39. 山本 晃. GRシャントの排血路にコイルを留置し、オーバーナイトを行わないB-RTOについての検討. 第21回B-RTO研究会, 大阪, 2018/09/21. (日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/08;24(3):191.)
40. 片山 豊, 植田大樹, 日浦慎作, 太田知里, 横井萌子, 岸本健治, 市田隆雄, 三木幸雄. ディジタルマンモグラフィに対する超解像を用いたノイズ低減処理の提案. 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, 仙台, 2018/10/04-2018/10/06. (日本放射線技術学会雑誌 2018/09;74(9):944.)
41. 山本 晃. 膵癌術前血流改変及び門脈系IVRにおけるAZURの有用性について. 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 福岡, 2018/10/05-2018/10/07. 講演.
42. 原田翔平, 臼杵則朗, 森下優佳, 久保友宏, 大平友弘, 竹内真規子, 田中佐織, 小阪寿幸. 消化管出血に対するdynamic CTの有用性. 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 福岡, 2018/10/05-2018/10/07. (日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2018/09;54回:S500.)
43. 小林彰太郎, 小山孝一, 寺西裕一, 下野太郎, 神田裕樹, 横田知衣子, 井口広義, 藤井啓輔, 植木 愛, 三木幸雄. 鼻腔内に発生したpyogenic granulomaの3例. 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 福岡, 2018/10/05-2018/10/07. (日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2018/09;54回:S447.)
44. 阪本晴菜, 大隈智尚, 土井下怜, 松下 周, 村井一超, 植木 愛, 濵本晋一, 三木幸雄. うさぎVX2肺腫瘍モデルの作成のノウハウと生着率の検討. 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 福岡, 2018/10/05-2018/10/07. (日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2018/09;54回:S454.)
45. 田中茂子, 木下直子, 杉森有子, 大平友弘, 千田賢作. Multiphase ASLの有用性(過灌流病変(てんかん、脳炎等)検出と、tracer delay). 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 福岡, 2018/10/05-2018/10/07. (日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2018/09;54回:S443.)
46. 西浦綾乃, 高桑輝人, 乙丸一平, 三浦晃子, 荒木 拓, 藤谷洋太朗, 山村亮介, 西田典史, 太田健介. ステロイド投与後に脾破裂をきたし、動脈塞栓術により救命しえた血管内悪性リンパ腫(AITL)患者の一例(A case of angioimmunoblastic T-cell lymphoma with spontaneous splenic rupture treated by TAE). 第80回日本血液学会学術集会, 大阪, 2018/10/12-2018/10/14. (臨床血液 2018/09;59(9):1662.)
47. 中野真理子, 寒川悦次, 村上貴志, 西村慎亮, 高橋洋介, 山本 晃, 城後篤志, 濵本晋一, 影山 健, 小川聡幸, 村井一超, 野田健仁, 三木幸雄. 解離性大動脈瘤に対する2-debranching TEVAR後に生じた症候性造影剤脳症の一例. 第59回日本脈管学会総会, 広島, 2018/10/25-2018/10/27. (脈管学 2018/09;58 Suppl: S212.)
48. 堺 幸正, 神納敏夫, 佐藤公彦, 南郷峰善, 坂下眞理子, 荻野 亮, 岡崎真大, 樋口卓也. ステントグラフト治療後に感染性と炎症性変化の鑑別困難で経過している腸骨動脈瘤の2例. 第59回日本脈管学会総会, 広島, 2018/10/25-2018/10/27. (脈管学 2018/09;58 Suppl: S213-S214.)
49. 寒川悦次, 山本 晃, 中野真理子, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 三木幸雄. 様々なモダリティーで評価した総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例. 第59回日本脈管学会総会, 広島, 2018/10/25-2018/10/27. (脈管学 2018/09;58 Suppl:S207.)
50. 野沢陽介, 石滝公一, 原田明典, 山下晶祥, 西村潤一, 山田哲久, 華山直二. 右内腸骨動脈瘤への複数回EVAR後に生じたType3a+3bエンドリークに対する経動脈的塞栓術の1例. 第59回日本脈管学会総会, 広島, 2018/10/25-2018/10/27. (脈管学 2018/09;58 Suppl:S231-232.)
51. 下野太郎. たかがクモ膜下出血、されど… . 第8回若手医師勉強会, 大阪, 2018/10/31. 講演.
52. 三木幸雄. 下垂体の画像診断:アップデート. 第43回耳学問の会, 東京, 2018/10/19. 講演.
53. 神 雅啓, 北川智彦, 加藤敦子, 向川佳穂, 米田 茂, 神納敏夫. 頭部CTAにおける脳動脈クリップのアーチファクト低減効果について. 第72回国立病院総合医学会, 神戸, 2018/11/09-2018/11/10.
54. 松下 周, 下野太郎, 土井下 怜, 三木幸雄, 後藤剛夫, 桑江優子. 成人女性の後頭蓋窩発生choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiationの1例. 第320回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/11/10.
55. 藤井啓輔, 植木 愛, 小山孝一, 小林彰太郎, 下野太郎, 三木幸雄, 澁谷雅常, 永原 央, 大平雅一. 悪性リンパ腫に類似した小腸GISTの2例. 第320回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/11/10.
56. 植田大樹. 人工知能による画像診断支援:概念から応用まで. 第320回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/11/10. 講演.
57. 小山孝一. FDG PET/CTの“いろは”. 第320回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/11/10. 講演.
58. 寺山英作, 村井一超, 米澤宏記, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 城後篤志, 寒川悦次, 山本 晃, 三木幸雄. 両側冠動脈-肺動脈瘻に対してコイル塞栓術を施工した1例. 第320回日本医学放射線学会関西地方会, 大阪, 2018/11/10.
59. 扇 和之. MRI研究のヒント~様々な角度から~. 第292回関東MR画像研究会, 東京, 2018/11/12. 教育講演.
60. 河邉讓治, 東山滋明, 吉田敦史, 小谷晃平. 甲状腺ホルモン産生甲状腺濾胞状腺癌患者の骨転移にI-131内用療法を行った1例. 第58回日本核医学会学術総会, 沖縄, 2018/11/15-2018/11/17. (核医学 2018/11;55 Suppl:S236.)
61. 東山滋明, 吉田敦史, 河邉讓治. 脳血流シンチで典型的な血流低下を認めた意味性認知症の3例. 第58回日本核医学会学術総会, 沖縄, 2018/11/15-2018/11/17. (核医学 2018/11;55 Suppl:S220.)
62. 吉田敦史, 東山滋明, 河邉讓治. 腫瘍性低リン血症性骨軟化症の原因病変検索にソマトスタチン受容体シンチグラフィが有用であった3例. 第58回日本核医学会学術総会, 沖縄, 2018/11/15-2018/11/17. (核医学 2018/11;55 Suppl:S184.)
63. 佐藤英尊, 齋藤真也, 原田明典, 横手宏之, 山下晶祥, 東條慎次郎, 佃 俊二, 扇 和之, 西村潤一, 小堀賢一. SPECT単独機における過去CTを用いたソマトスタチン受容体シンチグラフィ融合画像の検討. 第58回日本核医学会学術総会, 沖縄, 2018/11/15-2018/11/17. (核医学 2018/11;55 Suppl:S183.)
64. 原田明典, 佐藤英尊, 石滝公一, 大石香奈, 野沢陽介, 東條慎次郎, 横手宏之, 山下晶祥, 佃 俊二, 西村潤一, 扇 和之. 食道癌術前のFDG-PET/CTを契機に発見された悪性傍神経節腫の一例. 沖縄, 2018/11/15-2018/11/17. (核医学 2018/11;55 Suppl:S223.)
65. 矢田憲孝, 山田勝之, 富田雄一郎, 谷口明繁, 杉本繁博, 神道太輔, 大倉隆介, 田代敬彦, 西尾健治. 救急診療戦略におけるIVRの位置づけ 消化管出血に対する経カテーテル的塞栓術(TAE)の効果と虚血性合併症に関する検討. 第46回日本救急医学会総会・学術集会, 横浜, 2018/11/19-2018/11/21. (日本救急医学会雑誌 2018/10;29(10):339.)
66. 野村奈央, 水口真二郎, 高濱 誠, 中嶋 隆, 伊藤龍一, 山本良二, 駄賀晴子, 池田裕子, 田中正博. 導入放射線化学療法後、前方+完全鏡視下アプローチ併用で完全切除し得たcT4N2M0扁平上皮肺癌の1例. 第59回日本肺癌学会学術集会, 東京, 2018/11/29-2018/12/01. (肺癌 2018/10;58(6):501.)
67. 奥村りさ, 巽 信之, 西多俊幸, 高木康弘, 中村孝彦, 西口恭平, 谷口舞子, 朝倉亜希子, 森麻奈加, 澤村真理子, 徳田有記, 大西良輝, 石見亜矢, 貫野知代, 日山智史, 千葉三保, 山本克己, 伊藤敏文. 放射線治療用金属マーカーの右房への迷入を認めた肝細胞癌の一例. 第42回日本肝臓学会東部会, 東京, 2018/12/07-2018/12/08. (肝臓 2018/11;59 Suppl:A1003.)
68. 三木幸雄. 画像診断について(ヨード造影剤とメトホルミンの併用注意点を含め). 第42回兵庫下垂体・代謝疾患研究会, 兵庫, 2018/12/13.
69. 植田大樹. 人工知能による画像診断支援:概念から臨床応用まで. 大阪市立大学大学院医学研究科4科学センター合同セミナー, 大阪, 2019/01/11. 講演.
70. 濵本晋一. CT透視ガイド下でできる治療 ~ここまでできたRFA、生検、ドレナージ~. 第7回上方IVRカンファレンス, 大阪, 2019/01/19. 講演.
71. 植田大樹. 人工知能の医用画像診断への応用. 人工知能講演会2019, 京都, 2019/01/30. 講演.
72. 土井下怜, 坂本真一, 米田哲也, 宇田武弘, 塚本太朗, 米山正巳, 立川裕之, 下野太郎, 大畑建治, 三木幸雄. カラー表示位相差強調画像 (PADRE) を用いた脳腫瘍評価. 第48回日本神経放射線学会, 久留米, 2019/02/14-2019/02/16.
73. 松下和樹, 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 前田裕之, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄. 肝細胞癌胆管腫瘍栓TACE後に腫瘍栓脱落によって閉塞性黄疸を来した1例. 第66回関西Interventional Radiology研究会, 大阪, 2019/02/16.
74. 尾﨑正典, 前林徹範, 二ノ井照久, 竹下 徹, 小林亜衣. 腸腰筋膿瘍に対するCTガイド下ドレナージ術13例の検討. 第66回関西Interventional Radiology研究会, 大阪, 2019/02/16.
75. 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄. 経皮経肝的治療後のトラクト塞栓における塞栓物質(スポンゼル2シート造影剤3cc)の効果の検討. 第66回関西Interventional Radiology研究会, 大阪, 2019/02/16.
76. 南郷峰善, 堺 幸正, 佐藤公彦, 坂下眞理子, 荻野 亮, 岡崎真大. 繊維筋性異形成(FMD)が疑われた腎血管性高血圧症に対するPTRAの1例. 第66回関西Interventional Radiology研究会, 大阪, 2019/02/16.
77. 淺野数男, 寒川悦次, 中野真理子, 森崎晃正, 山根 心, 藤井弘通, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄. 外傷性胸部大動脈損傷に対して開窓TEVARを施工した1例. 第66回関西Interventional Radiology研究会, 大阪, 2019/02/16.
78. 下野太郎. 専門家は鑑別困難な間脳下垂体疾患を半端なく診断するかも?. 第29回日本間脳下垂体腫瘍学会, 大阪, 2019/02/22-2019/02/23. 講演.
79. Hamamoto S, Yamamoto A, Hamuro M, Kageyama K, Matsuoka T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Jogo A, Sohgawa E, Okuma T, Miki Y. Radiofrequency ablation(RFA) for lung tumor with artificial pneumothorax. Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2018), Lisboa (Portugal), 2018/09/22-2018/09/26.
80. Yonezawa H, Sohgawa E, Yamamoto A, Hamuro M, Jogo A, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Hamamoto S, Miki Y. A case of stentgraft placement for hepatic artery pseudoaneurysm and portal vein stent placement for ectopic jejunal variceal rupture. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
81. Asano K, Sohgawa E, Yamamoto A, Nakano M, Hamuro M, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Kageyama K, Hamamoto S, Jogo A, Miki Y. Three cases of embolization for congenital renal arteriovenous fistulas with bidirectional approach. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
82. Kageyama K, Maeda H, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y. Two cases of balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (b-rto) for colonic varices. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
83. Zako R, Yamada K, Tomita Y, Sugimoto S, Yada N, Nango M, Tashiro T. Outcome of bronchial artery embolization in patients with aspergillus infection. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
84. Hamamoto S, Yamamoto A, Kageyama K, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Nota T, Yonezawa H, Sohgawa E, Jogo A, Miki Y. Subpleural injection of lidocaine can relieve strong pain during rfa for lung tumors. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
85. Nota T, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y. Transcatheter arterial embolization with n-butyl-2-cyanoacrylate (nbca) glue for ovarian artery aneurysms in a postmenopausal woman. Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019), Bari (Indonesia), 2019/02/21-2019/02/24.
原著 総説等
86. 立川裕之, 三木幸雄. 【実地医家のための画像診断実践ガイド】 頭部 脱髄 多発性硬化症・視神経脊髄炎関連疾患・急性散在性脳脊髄炎. Medical Practice 2018/04;35(臨時増刊):41-47.
87. 片山 豊, 上田健太郎, 日浦慎作, 木村大輔, 高尾由範, 山永隆史, 市田隆雄, 東山滋明, 河邉讓治. PET画像に対する超解像を用いたデノイズ手法の適用. 日本放射線技術学会雑誌 2018/07;74(7):653-660.
88. 尾﨑正典, 下野太郎, 濱崎考史, 立川裕之, 三木幸雄. 小脳萎縮を伴ったGM1ガングリオシドーシスtype 2の1例. 臨床放射線 2018/04;63(4):455-459.
89. 米田昌平, 下野太郎, 藤田賢司, 立川裕之, 瀬戸俊之, 三木幸雄. Robinow症候群の2例. 臨床放射線 2018/07;63(7):833-838.
90. 松下 周, 趙 有季, 山本 晃, 磯浦喜晴, 江原英治, 村上洋介, 濱崎考史, 徳原大介. 小児期発症の肝疾患に伴う胃静脈瘤にバルーン下逆行性経静脈的塞栓術を施行した3例. 日本小児科学会雑誌 2018/10;122(10):1589-1595.
91. 植田大樹. 【AIは画像診断を変えるか?】 画像診断領域とAI研究の実例 画像診断への人工知能応用の最先端. 医学のあゆみ 2018/10;237(4):283-287.
92. 澁谷景子. 放射線治療のupdate. 肺癌 2018/11;58Suppl:940-943.
93. 寒川悦次, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 城後篤志, 三木幸雄. 膵癌に関連する血管系IVR】 膵切除術後出血に対する止血術. IVR: Interventional Radiology 2018/11;33(3):243-251.
94. 山本 晃, 天野良亮, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 城後篤志, 三木幸雄. 【膵癌に関連する血管系IVR】 膵癌術前の血流改変 特殊な症例、肝動脈合併膵頭十二指腸切除術前血流改変. IVR: Interventional Radiology 2018/11;33(3):236-242.
95. 吉田敦史, 東山滋明, 河邉讓治. 腫瘍性低リン血症性骨軟化症に施行したソマトスタチン受容体シンチグラフィ 注意すべき異常集積を経験した1例. 臨床放射線 2018/12;63(13):1661-1664.
96. 寺山英作, 下野太郎, 杉本倫子, 月岡卓馬, 星 学, 田中秀典, 桑江優子, 三木幸雄. 【胸部の最新画像情報2019】 後縦隔悪性腫瘍との鑑別に苦慮した肋骨由来骨巨細胞腫の1例. 臨床放射線 2019/01;64(1):67-71.
97. 阪井雄紀, 西山典利, 永野晃史, 泉 信博, 阪本晴菜, 松下 周, 清水重喜, 三木幸雄. 【胸部の最新画像情報2019】 肺癌との鑑別に苦慮した扁平上皮腺上皮混合型乳頭腫の1例. 臨床放射線 2019/01;64(1):61-65.
98. 城後恵里, 萩原 章, 宗瀧行秀, 近藤聖子, 中山圭子, 津村 昌. 特徴的なCT所見が迅速な診断を導いた3例. 市立伊丹病院誌 2019/01;33:31-34.
99. 萩原 章. 新技術の紹介 新しく当院で稼動する3テスラMRI、Philips Ingenia 3.0. 市立伊丹病院誌 2019/01;33:41-44.
100. 川守田 龍, 島田千暁, 石井健太郎, 中原隆太, 岸本 瞬, 久保和輝, 山永登志子, 藤原真喜子, 草別真行, 中坂優太, 松田尚悟, 中島俊文. 【前立腺癌の診断から治療まで】 前立腺癌に対する強度変調回転放射線治療における診療放射線技師の役割と職種間の連携. 臨床放射線 2019/02;64(2):125-133.
101. 鈴木結太, 田中伸一, 栄谷 勝, 森本 章, 辻本吉広. 中心静脈から鎖骨下静脈にかけての非造影MRA DSAとの比較. 大阪透析研究会会誌 2019/03;37(1):49-52.
102. Ueki A, Okuma T, Hamamoto S, Kageyama K, Murai K, Miki Y. Combination therapy involving radiofrequency ablation and targeted chemotherapy with bevacizumab plus paclitaxel and cisplatin in a rabbit VX2 lung tumor model. BMC Res Notes. 2018 Apr 24;11(1):251. doi: 10.1186/s13104-018-3358-x.
103. Tatekawa H, Shimono T, Ohsawa M, Doishita S, Sakamoto S, Miki Y. Imaging features of benign mass lesions in the nasal cavity and paranasal sinuses according to the 2017 WHO classification. Jpn J Radiol. 2018 Jun;36(6):361-381. doi: 10.1007/s11604-018-0739-y.
104. Tatekawa H, Sakamoto S, Hori M, Kaichi Y, Kunimatsu A, Akazawa K, Miyasaka T, Oba H, Okubo T, Hasuo K, Yamada K, Taoka T, Doishita S, Shimono T, Miki Y. Imaging Differences between Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders and Multiple Sclerosis: A Multi-Institutional Study in Japan. AJNR Am J Neuroradiol. 2018 Jul;39(7):1239-1247. doi: 10.3174/ajnr.A5663.
105. Sakamoto M, Kurimoto T, Mori S, Ueda K, Keshi Y, Yamada Y, Azumi A, Shimono T, Nakamura M. Differentiation of Brain Metastases and Gliomas Based on Color Map of Phase Difference Enhanced Imaging. Radiol Case Rep. 2018 Dec 4;14(3):304-308. doi: 10.1016/j.radcr.2018.11.017.
106. Kinoshita N, Tanaka S, Sugimori Y, Nakahira K, Ryoke K, Matsuoka T, Fujioka M, Miki Y. High contrast between lumbar nerve roots and surrounding structures using dual echo 3D turbo spin echo additional fusion images. Jpn J Radiol. 2018 Aug;36(8):472-476. doi: 10.1007/s11604-018-0751-2.
107. Doishita S, Sakamoto S, Yoneda T, Uda T, Tsukamoto T, Yamada E, Yoneyama M, Kimura D, Katayama Y, Tatekawa H, Shimono T, Ohata K, Miki Y. Differentiation of Brain Metastases and Gliomas Based on Color Map of Phase Difference Enhanced Imaging. Front Neurol. 2018 Sep 21;9:788. doi: 10.3389/fneur.2018.00788.
108. Kawai Y, Sugioka K, Iwata S, Sakamoto S, Ishikawa S, Takagi M, Miki Y, Yoshiyama M. Association between the Left Atrial Emptying Fraction and Silent Brain Infarction in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation. Osaka City Medical Journal 2018 Des; 64(2):121-130.
109. Matsushita S, Shimono T, Goto T, Doishita S, Kuwae Y, Miki Y. Posterior fossa choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiation in an adult patient: A case report and literature review. Radiol Case Rep. 2018 Dec 4;14(3):304-308. doi: 10.1016/j.radcr.2018.11.017.
110. Kamitani T, Yabuuchi H, Kanemaki Y, Tozaki M, Sonomura T, Mizukoshi W, Nakata W, Shimono T, Urano M, Yamano T, Kato F, Kuchiki M, Shiragami N, Yanagita H, Katsuda E, Kataoka M, Yamaguchi K, Horikoshi T, Gomi T, Nozaki M, Shiotani M, Amano M, Saigusa H, Sadaoka S, Kamiya H, Kubo M, Yamashita N, Yamamoto H, Honda H. Effects of menstrual cycle on background parenchymal enhancement and detectability of breast cancer on dynamic contrast-enhanced breast MRI: A multicenter study of an Asian population. Eur J Radiol. 2019 Jan;110:130-135. doi: 10.1016/j.ejrad.2018.11.025.
111. Okazaki E, Kawabe J, Oishi M, Hosono M, Higashiyama S, Teranishi Y, Shiomi S, Iguchi H, Miki Y. Prognostic significance of pretreatment 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography evaluation using metabolic tumor volume of the primary tumor and lymph nodes in advanced hypopharyngeal cancer. Head Neck. 2019 Mar;41(3):739-747. doi: 10.1002/hed.25429.
112. Ueda D, Yamamoto A, Nishimori M, Shimono T, Doishita S, Shimazaki A, Katayama Y, Fukumoto S, Choppin A, Shimahara Y, Miki Y. Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms. Radiology. 2019 Jan;290(1):187-194. doi: 10.1148/radiol.2018180901.
113. Ueda D, Shimazaki A, Miki Y. Technical and clinical overview of deep learning in radiology. Jpn J Radiol. 2019 Jan;37(1):15-33. doi: 10.1007/s11604-018-0795-3.
114. Sugimoto S, Shimono T, Takeshita T, Yamamoto A, Shindo D, Miki Y. Clinical and CT findings of small bowel obstruction caused by rice cakes in comparison with bezoars. Jpn J Radiol. 2019 Jan 16. doi: 10.1007/s11604-019-00811-9. [Epub ahead of print]
115. Matsushita K, Shimono T, Miki Y. Langerhans Cell Histiocytosis with Multiple Fluid-fluid Levels in the Parietal Bone. Magn Reson Med Sci. 2019 Mar 4. doi: 10.2463/mrms.ci.2018-0152. [Epub ahead of print]
著書
116. 扇 和之,東條慎次郎 著. 画像診断に絶対強くなるツボをおさえる!~診断力に差がつくとっておきの知識を集めました~. 総159頁, 羊土社, 2018/04/10. ISBN: 9784758111874.
117. 扇 和之 企画. ルーチンクリニカルMRI 2019 BOOK (映像情報Medical 増刊号). 総176頁, 産業開発機構, 2018/12/25. ISBN: 9784860283162.
118. 扇 和之 企画・監修. MRI研究のヒント~座談会に学ぶ~. 総287頁, 産業開発機構, 2018/09. ISBN: 9784860283100.
受賞
 松下 周
JCRミッドサマーセミナー2018 フィルムリーディングセッション
最優秀賞(卒後5年以下の部)
 城後篤志
第47回 日本IVR学会総会 Featured Program (Featured Abstract)
Jogo A, Hamuro M, Yamamoto A, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Nishida N, Kaminou T, Miki Y. B-RTO using 5% EOI mixing gelatin sponge particles for gastric varices. (胃静脈瘤に対する5%EOI混合ゼラチンスポンジ粒子を用いたB-RTO.) 第47回日本IVR学会総会, 東京, 2018/05/31-2018/06/02. (IVR: Interventional Radiology 2018 Apr;33 Suppl:185.)
 植田大樹
大阪市立大学医学部長賞 優秀賞
Ueda D, Yamamoto A, Nishimori M, Shimono T, Doishita S, Shimazaki A, Katayama Y, Fukumoto S, Choppin A, Shimahara Y, Miki Y. Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms. Radiology. 2019 Jan;290(1):187-194.
 立川裕之
大阪市医学会 学会賞
Tatekawa H, Sakamoto S, Hori M, Kaichi Y, Kunimatsu A, Akazawa K, Miyasaka T, Oba H, Okubo T, Hasuo K, Yamada K, Taoka T, Doishita S, Shimono T, Miki Y. Imaging Differences between Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders and Multiple Sclerosis: A Multi-Institutional Study in Japan. AJNR Am J Neuroradiol. 2018 Jul;39(7):1239-1247.
学位授与
 西川知宏
Nishikawa T, Tsutsumi S, Tada T, Mukumoto N, Makihara S, Tokunaga M, Tanaka N, Hasegawa K, Hosono M, Ishii K, Miki Y. Influence of Dose-volume Prescription in Three-dimensional Conformal Radiotherapy for Patients with Stage III Non-small-cell Lung Cancer. Osaka City Med J. 2019;

 植田大樹. 乳がん、AIで高精度診断 マンモグラフィー支援、大阪市大が開発. 朝日新聞 朝刊, 2018/04/11.
 植田大樹. 大阪市大がAI活用した乳がんの画像診断システム開発. 産経新聞 朝刊, 2018/04/13.
 植田大樹. AIで乳がん早期発見めざす. 中日新聞, 2018/05/15.
 植田大樹. 脳血管の「こぶ」AIが見つける. 朝日新聞, 2018/10/25.
 植田大樹. 脳動脈瘤、AI補助で放射線科医の読影精度向上 大阪市立大の研究グループがアルゴリズム開発. 医療介護CBnews, 2018/10/25.