<おすすめ雑誌:American Journal of Neuroradiology (AJNR)(と論文紹介:2017, 38(10):1899-1904.)>

神経放射線(画像)診断学において最も役立つ雑誌を紹介します。

それは、American Journal of Neuroradiology (AJNR) です。

American Society of Neuroradiology(ASNR)の学会雑誌です。
発刊1年後にオープンアクセスになります。
脳、脊髄、頭頸部などの神経放射線学領域を学んだりUpdateな情報を得るのに最適です。
特に本領域を志すなら、本雑誌は必須でしょう。
アカデミック色が強くなりつつありますが、総説やCase seriesもあり、実臨床にも役立ちます。

ただ、本雑誌で、下記のような論文がありました。

Intracranial Imaging of Uncommon Diseases Is More Frequently Reported in Clinical Publications Than in Radiology Publications. (AJNR 2014, 35(1):45-48.)

内容は、下記の通りです。

Recent reports of the selected uncommon diseases with intracranial manifestations are more frequent in
clinical journals when compared with dedicated radiology publications. Most publications are case reports.
Radiologists should review both radiology and clinical (non-imaging) journals when reviewing imaging features
of uncommon diseases affecting the brain.

神経放射線領域に限ったことではありませんが、放射線診断学全般において、
放射線診断関連雑誌だけでなく、臨床医学(非放射線診断関連)雑誌・情報にも目を通した方が良さそうです。

当たり前なことかもしれませんが、これを実際にするのは結構しんどいですよね。

しかし、このAJNRのサイトでは、
上記のような問題点を解決してくださる様々なサービス・情報提供があります。
全て無料で閲覧することが出来る、大変な優れものです。

特に、症例報告が下記のごとくクイズ形式で無料で閲覧できるのが有り難く、超おすすめです。
高難度の“Case of the Month”
中難度の“Case of the Week”
基本的な“Classic Case”
が、毎週~月更新されており、これらのみで中枢神経・頭頸部放射線診断の学習は事足りるかもしれません。

そのほか、このAJNRサイト内やリンクをいろいろ探検されましたら、他にも役立つ情報がたくさん得られます。

最後に、最新号(October 01, 2017; Volume 38,Issue 10)から、下記論文を紹介します。

Multinodular and Vacuolating Neuronal Tumor of the Cerebrum: A New “Leave Me Alone” Lesion with a Characteristic Imaging Pattern. (AJNR, 2017, 38(10):1899-1904.)

内容は下記の通りです。

The most recent 2016 WHO classification includes Multinodular and Vacuolating Neuronal Tumor (MVNT)
as a unique cytoarchitectural pattern of gangliocytoma, though it remains unclear whether MVNT is a true
neoplastic process or a dysplastic hamartomatous/malformative lesion.
The authors report 33 cases of presumed MVNT of the cerebrum that exhibit a remarkably similar pattern
of imaging findings consisting of a subcortical cluster of nodular lesions. They conclude that these are benign,
nonaggressive lesions that do not require biopsy in asymptomatic
patients and behave more like a malformative process than a true neoplasm.

最近報告例が増えていますが、
結構な割合で、Dysembryoplastic neuroepithelial tumor (DNET)と診断されていたものの中に混じっていたのかもしれませんね。