大阪市大放射線科の業務内容は “画像診断部門” “IVR部門” “放射線治療部門” の3つに大きく分かれます。画像診断部門はCTやMRIなどで得られた画像から各科の診断を手助けします。放射線科の中でも最も大事で基礎となる部門です。さらに、診断機器にて得られる情報をもとに低侵襲に治療を行うIVR部門、放射線そのもののを治療に利用する放射線治療部門があります。
放射線科の業務は各臨床科と違いあまり表に出てこず患者さんが目にすることは少ないですが、いずれの部門も現代医療の重要な一翼を担っています。外から見たのではわからない放射線科の業務や治療内容について各部門ごとにご紹介いたします。