<論文紹介:RadioGraphics 2018:38(7):1934–1948.他>

RadioGraphicsが総説雑誌としてとても役立ちますよ、ということを以前お話ししましたが、最新号の「VOLUME 38, ISSUE 7 / NOVEMBER-DECEMBER 2018」から、下記3論文を紹介します。

IgG4-related Cardiovascular Disease from the Aorta to the Coronary Arteries: Multidetector CT and PET/CT. (RadioGraphics 2018;38(7):1934–1948.)」
IgG4関連疾患と他の大-中血管炎の鑑別点まで詳細に解説しています。

Pediatric Brain Tumor Genetics: What Radiologists Need to Know . (RadioGraphics 2018;38(7):2102–2122.)
小児脳腫瘍は、Radiogenomicsの最も進んでいる領域の一つですね。

Primary Lung Tumors in Children: Radiologic-Pathologic Correlation From the Radiologic Pathology Archives.(RadioGraphics 2018;38(7):2151–2172.)
小児肺腫瘍はなかなか出会う機会がありませんので学習しづらいですが、本論文はそれを可能にしてくれます。

 

他のRadioGraphics関連は、こちら。
http://ocu-radiology.jp/news/news-990/
http://ocu-radiology.jp/news/news-850/