<論文紹介:NEJM 2018;379:282-289.他>

NEJMがとても役立ちますよ、ということを以前お話ししましたが、
最近の“Case Records of the MGH”を紹介します。

Case 22-2018: A 64-Year-Old Man with Progressive Leg Weakness, Recurrent Falls, and Anemia.(NEJM 2018;379:282-289.)

今回は放射線画像はありませんが、きっと役立つと思いますよ。
“bachelor ○○”と称するのが、印象に残りました。
NEJMでは、本病態はよく取りあげられています。

過去の関連NEJM論文も紹介します。

CLINICAL PROBLEM-SOLVING: A Deficient Diagnosis.(NEJM 2016;374:1369-1374.)

放射線医学的にも教育的な内容です。

Case 1-2014: A 32-Year-Old Man with Loss of Vision and a Rash.(NEJM 2014;370:159-166.)

こんなのもあるんですね。

他のNEJM関連は、こちら。
http://ocu-radiology.jp/news/news-1681/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1605/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1588/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1462/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1374/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1253/
http://ocu-radiology.jp/news/news-1109/
http://ocu-radiology.jp/news/news-897/
http://ocu-radiology.jp/news/news-891/
http://ocu-radiology.jp/news/news-783/